2018年4月2日月曜日

『涙の卒業式、緊張の入学式』

三月のイメージは、やはり”卒業式”
先日、学校歯科医担当校である区立中学校の卒業式に出席。感動の時間を共有してまいりました。
1番の醍醐味は、会場全体の一体感!
学校生活では色々なことがあったと思いますが、担任の先生から名前を呼ばれ、壇上に上がり一人ひとり卒業証書を受け取る瞬間、本人は言わずもがなでしょうが、見送る在校生やご家族の心情を想像すると、皆のベクトルが“卒業”に向かっていると感じるのです。
ここで涙腺がかなりヤバい(ToT)/~~~

四月の“入学式”は、不安雑じりの思いを抱いた新入生と余裕ある表情の上級生。緊張と喜びのコントラストが際立ち何か始まりそうな予感。新ドラマに大いに期待しています♪

3/28日 歯科医師会館近辺の桜>

2018年3月5日月曜日

『3月・・応援しています』


2月のブログの続きです。
21日開催された東京都学校歯科保健研究大会で私にとって大変興味深い講演
「縄文人と現代人の咬合はなぜ違うのか?」 これは国立科学博物館で行う
とあるプロジェクト代表である海部陽介氏にお願いしました。

はるか昔、人類がアフリカから世界中へと大拡散していった時代。
どのようにして我々の祖先は大陸と海で隔てられていた日本に渡って来たのでしょう?
3万年前の大イベントの仮説を検証するため、当時にあった技術だけで舟を造り、
台湾から日本を目指すプロジェクト!
海部氏曰く「台湾の近海でも魚は十分獲れていたはずです。ではなぜ陸地も見えない
遥か海の向こうを目指したのか。古代の船を作ってみると、・・あの向こうに行ってみよう!
という気持になってくるのです。これこそが古代の人が感じた高揚感なのではないでしょうか」

これって鳥肌モノの大冒険プロジェクトですよね!(^^)!


写真提供:国立科学博物館 「3万年前の航海 徹底再現プロジェクト」
https://www.kahaku.go.jp/research/activities/special/koukai/schedule/index.php

2018年2月5日月曜日

『2月・・晩冬の候』

かならず2月というわけではないけれど「東京都学校歯科保健研究大会の話」




21日(木)第52回東京都学校歯科大会が開催されました。
学校歯科医の役割で代表的なものは、毎年の校内歯科検診。保健室で順番に口の中を見られて「右上6は丸、5はC1、4から1まで斜線」等と言われた経験があると思います。
私の担当は、地元の板橋区立中学校。
歯科検診だけではなく、児童生徒皆さんの健康維持、増進を目標に歯科以外の学校医、薬剤師、養護の先生、校長先生方と協力しながら活動します。

学校医として年間活動の集大成が、表記の大会ということで成果発表&表彰が行われました。
長年、幼稚園から高等学校までの学校歯科医を務められた先生や頑張っている養護教諭、校長先生、また健康への取り組み方が素晴らしい学校の表彰。
歯の作文(小学生、中学生対象)、歯・口の健康に関する図画ポスターや、標語(幼稚    園、小、中、高等学校、特別支援学校の児童生徒対象)等の優秀作品を表彰します。その他、表彰された優良校からの発表や「縄文人と現代人の咬合はなぜ違うのか?」国立科学博物館3万年前の航海徹底再現プロジェクト代表の海部陽介氏による特別講演がありました。

インフルエンザ大流行中!
手洗い、うがい&マスク着用でしっかり予防対策してくださいねー(^^)

2018年1月6日土曜日

『2018年(平成30年)睦月』


平成元号のまま1年終えるのは、今年限りとなるそうですね。
人生2度目の元号替わりに感慨深さひとしお!
本年を区切りの年と考えて、今度こそは年末になって「残念な○○~」にならないよう肝に銘じる年明けです。

2017年12月7日木曜日

『12月・・なにはともあれXmas』


       

診療室もチョットだけ、クリスマス仕様に模様替えしました。
 熱心な音楽好きとは言えませんが、この時期は気が付くと耳奥に曲が流れます。

 クリスマスのテーマソング “ジングルベル♪” で気持ちは高揚。
ワクワクしつつ、その一方で「師走」と聞けば、一年の計は元旦にありと、年初に立てた結果を自己採点。
 「今はまだ無理!」と、先送りにしておいた課題の山に気づき、このまま仕事が溜まっていくのかぁ~と、落胆している時に思い出す軽快なリズム・・  
そう、モータウン・ビート “恋はあせらず♪” 
ダイアナロスが、伝説のシュープリームス時代に歌った名曲です。
うん、そうだ!この課題、あせらず好機を待てば見えてくるものもありと、すっかり気分はアゲアゲ↗に。

サンタプレゼントは、ゆっくり動く時計をお願いした~い(^.^)/~~~

2017年11月1日水曜日

『11月8日・・いい歯の日』

「よ坊さん」日本歯科医師会よりお借りしました(^^)
たぶん、ご存知の方は少ないでしょうね~
日本歯科医師会により、歯と口の健康を意識して頂こうと1993年(平成5年)の118日を
「い(1)い(1)歯(8)」の語呂合わせで設定されました。
一般的によく知られている歯の衛生週間
64日~10日)と同様に全国各地で独自の啓発イベント等を展開しています。
 その中で、ちょっと派手目のイベントとしては「スマイルフォトコンテスト」。
プロ、アマ問わず全国から“とびきりの笑顔写真”を募集し、118日に表彰しますが、
この写真をみると思わずニッコリしてしまうなぁ。http://bestsmile.jp/
もう一つ「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー」<著名人部門>という催しもあります。
こちらは、日本歯科医師会会員のハガキ投票により笑顔の素敵な俳優やスポーツ選手などから
男女1名ずつ選出します。
これも118日に日本歯科医師会WEBサイトで発表します!
因みに、1993年初回の著名人部門は、布施博さん(俳優)と伊達公子さん(プロテニス)。
2016年は、松坂桃李さん(俳優)と三宅宏実さん(ウェイトリフティング)でした。

皆さんの健康な“笑顔”こそ、私たち歯科医の目指すところですo(^^)o


2017年10月1日日曜日

『10月・・団子から南瓜?』


 子供時代の10月行事は、お月見十五夜でした。
最近は、すっかりハロウィンにお株取られ様相。街中がパンプキン色で華やいでいます。

 南瓜といえば、先日某テレビ局の番組(初耳学)を見ていて再認識したことがありました。

 番組の中で、私たちが普段食している南瓜を英語でいうと何?との問題。
長年信じて疑わなかった「パンプキン pumpkin」と、テレビの前で得意げに答えたところ
“ブッブッブーの不正解!” 正しくは「スクワッシュ squash」だそうです。

 ハロウィンの時期に店頭に並ぶ、あの表面がオレンジ色のかぼちゃがパンプキン。
主に観賞用ですが、それを何とか工夫してできたメニューが、パンプキンスープやパンプキンパイ。
それが、いつの間にか pumpkin が一人歩きしてかぼちゃの代表英語になったかも?
知識の上書きが不得意でスクワッシュが定着するまで時間がかかりそう・・・そこで、ピコ太郎さんを模して、
ペン+レモンスカッシュ+かぼちゃを手にしながら ♪Pen-Lemon squash-Squash-Pen
お粗末さまでした~~~(;^ω^)